まずは地方自治体に相談を|定期的に行なうことが大事|ゴキブリ駆除と対策は業者に任せる
作業員

定期的に行なうことが大事|ゴキブリ駆除と対策は業者に任せる

まずは地方自治体に相談を

ハチの巣

8月〜9月は活動的

スズメバチはとても獰猛なハチとして知られ、夏から秋にかけて最も活動が盛んになります。スズメバチは5月頃から家の軒先や天井裏などに巣を作り始め、種類によっては土の中や鉢植えの中などにも巣を作ります。スズメバチは攻撃的なハチですが、こちらから危害を加えない限り攻撃してくる事はありません。しかし、気温の高い8月〜9月頃はスズメバチに刺される事故が多くなってきます。それは、幼虫が成長し働きバチとして活動するようになる時期で、巣に危害を加えたり、近づいたりする事で攻撃を受けてしまいます。したがって、巣を自分で駆除する事はとても危険であり、敷地内などに巣を作られて危険を感じた場合には駆除専門業者か地方自治体に相談する事が大切です。

費用が無料な場合も

スズメバチの巣をやむを得ず自分で駆除し、その際に刺されたとしても全て自己責任となります。したがって安全に駆除する場合は、できるだけ地方自治体に相談する事が大切です。自治体により対応は様々ですが、場合によっては駆除を無料で行ってくれたり、駆除専門業者に頼んで支払った費用の一部を補助してくれる自治体もあります。またスズメバチに巣を作られるんは、巣を作りやすい環境が整っていると考えられます。したがって、一度巣を作られて駆除したとしても、また作られてしまう事も考えられるので、巣を作りにくい環境にする工夫も必要な事です。また缶ジュースの飲みかけや、スズメバチが好む甘い香りの物を屋外に放置してしまうと、スズメバチが頻繁に飛んで来るようになってしまう為に注意する必要があります。