蜂退治は危険|定期的に行なうことが大事|ゴキブリ駆除と対策は業者に任せる
作業員

定期的に行なうことが大事|ゴキブリ駆除と対策は業者に任せる

蜂退治は危険

蜂の巣

蜂を退治するメリット

蜂の種類を大きく三つに分けると、スズメバチ、アシナガバチ、ハナバチに分類することができます。いずれの蜂も巣を作り、そこで卵を産み、幼虫を育てます。そして蛹になった蜂は時を経て成虫になり、その成虫が新しい巣を作ります。蜂はこの循環を繰り返し、生態系を維持してきました。また、メスの蜂は強力な毒針を持っていて、時に人間にその毒針を使い攻撃してきます。種類によりますが一度毒針を刺されると死に至ることもあります。蜂を一匹ずつ駆除していてはキリがないので活動の拠点である蜂の巣を駆除しなければならないのです。蜂の巣を駆除した時のメリットは蜂を殺せるだけではなく成虫を酒に漬けたり、蜂の幼虫を炒めて食べられるというようなメリットも存在します。

退治の仕方

蜂の巣の駆除方法は種類によって少し変わってきます。アシナガバチの巣の駆除に用意するものは防護服と殺虫剤です。時間帯ですがアシナガバチは昼行性のため蜂が巣に帰ってくる夕方から夜間の弱っている時間帯に行います。そして、蜂の巣の斜め下から三十秒ほど殺虫剤を噴射します。対してスズメバチは非常に獰猛なので完全防備をし、肌の露出を無くします。駆除の時間帯はアシナガバチと同じく夕方から夜間の間に行います。最初に離れた位置から殺虫剤を一分ほど噴射します。蜂の巣の中から蜂の動く音が聞こえなくなり次第、撤去作業を開始します。撤去作業を行っている間に生きている蜂がいると危険なので遠くから長い棒を使い、巣を落とします。そして、ゴミ袋などに巣を入れると作業は完了です。ハナバチも夕方から夜間にかけて作業を行います。また、他の蜂に比べ殺虫剤に対しての耐性が強いため、蜂専用の駆除剤を巣全体に噴射し、蜂がいないことを確認したら巣を駆除します。